現場によるメディカルチェックの違い

転職の際には新しい現場で必要なスキルを習得しなければならないと覚悟する必要があります。そのため、歳をとってから転職するときには、できるだけ仕事内容がそれ以前と同じになるように心がけることも多いです。看護師として基本的なスキルとなるメディカルチェックが仕事内容だと確認できると、新しいスキルを学ばなくても仕事ができると考えることもあるでしょう。

しかし、実際に現場に出てみると、そのために新しいスキルを身につけることが余儀なくされることも少なくありません。これは、メディカルチェックの内容が現場によって異なるからです。特に、診療科が異なる場合は必要になる検査項目に違いがあるため、扱う必要がある医療機器も様々です。また、意味そのものにも相違点がある場合もあります。

内科では血圧や採血などの基本的な検査を表している場合が多いものの、循環器内科では心電図が含まれたり、整形外科ではレントゲンが含まれたりすることも多いです。また、運動療法を実施する患者に対しては、運動負荷試験を示している場合もあります。どのような診療を行っているかによって、比較的ルーチンの作業となっているるメディカルチェックに違いがあることも覚えておく必要があるでしょう。

そして、もし新しいスキルについて疑問があるのなら、転職の際にその内容確認を怠らないことが重要です。一つの勤務先でしか働いていない人は誤解してしまいがちなため、特に注意する必要があります。

主婦として働く際に役立つ基本スキル

メディカルチェックは医療現場において行われる基本的な検査であることから、医師が自ら行わずに看護師に任されることが多いものです。診療科によって行われる内容は違うものの、メディカルチェックの現場経験をひと通り積んでおくことは、主婦になってから看護師として働きたいと考えたときに役立ちます。

看護師として働き続けるのが辛くなって出産のタイミングで退職してしまう女性は多いものの、その後で時間ができてくると収入を得てそれを趣味に費やせるようにしたり、看護師として仕事をしていた頃を思い出して再び働きたいと考えたりすることはよくあります。その際に役立つ基本スキルとして、現場経験を持っていると有利に扱われることが多いのです。

主婦として働くという場合にはアルバイトやパートをすることになるのが一般的ですが、看護師資格を持っている中で年頃の人材となると、採用する側としてはすぐにでも戦力になって欲しいと考えます。専門的な技術をある程度もっていて、看護師だからこそできることをてきぱきとこなして欲しいと望まれているのが事実であり、メディカルチェックを一通りこなせることはその最低ラインとして注目されることが多いものなのです。
(メディカルチェックの必要性や求められている理由については〔ナースが教えるメディカルチェック〕にも説明があります。)

特にクリニックや病院で勤めることを望む場合にはその傾向が顕著になり、その仕事を行いながらその診療科でより専門的に行っているスキルを徐々に身につけていってもらえば良いというスタンスで採用してもらえる可能性が高まるのです。